【絶対にしないで】警備を依頼する前に注意するべきポイント3つ

「警備会社にガードマンの手配を依頼したいけど、どんな会社に依頼すればいいのかわからない。」

「変な会社に依頼して問題を起こしたくない。」

「依頼するときにどうやって依頼すればいいのだろう?」

「できる限り安くて質のいいガードマンさんを手配して欲しい。」

こんなお悩みを抱えている方がこの記事にたどり着いたのではないでしょうか?

この記事では警備を依頼するときに気をつけるべき点といい警備会社の見分け方をお伝えします。

最後におすすめの警備会社を各種類ごとにピックアップしてますのでぜひ、最後まで読んでください!

 

警備業は大きく4種類ある

実は警備業には大きく4つの種類があります。

依頼先の選定はまず自分がどの種類に当てはまるのか確認してからの依頼となります。

それぞれ見ていきましょう!

第1号 施設警備業務

まずは施設警備業務から説明します。

こちらの業務は小さなマンションから大きな複合デパートまで幅広いサイズの施設を警備する業務です。建物であれば工業でも学校でもどんな場所でも施設警備に入ります。

国内の警備業務の約半分がこの1号警備です。

建物の警備は大きく分けて4つのセクションがあります。

出入管理

依頼したい施設の入り口で人や物の出入を警戒・管理します。

主に不審者の侵入防止・不審物の持ち込みを防止します。

巡回

依頼したい施設の館内、外周を歩きながら警戒・監視します。

主に不審者の発見、施設内の設備・建物の確認を目的とします。

保安警備

デパートや量販店などの商業施設で、店内を巡回して万引きや置き引きなど犯罪・不正行為を防止する警備業務です。警備員の制服を着て行う場合もあれば、私服で行う場合もあります。

機械警備

警備の契約を結んでいる施設の各所にセンサーを配置し、監視センターでその動作状況をチェックしながら、異常や侵入者の監視を行う業務です。その施設に警備員は常駐せず、異常を感知した場合に警備員が駆けつけ施設の確認を行います。

建物の警備をお願いしたい場合はまずこちらの1号業務になりますので、探す会社はこちらの業務を行なっている会社に依頼をしましょう!

施設警備業務を行なっている警備会社

SECOM

 

ALSOK

 

第2号 交通誘導警備業務・雑踏警備業務

交通誘導・雑踏警備では建設の工事で誘導が必要な場面やイベントの際の警備が該当します。

建設の工事は主に水道工事、解体工事、塗装工事、道路補修などがあります。

イベント警備は花火大会、アーティストのLiveがよく見る警備ではないでしょうか?

道路の使用許可を取って警備員を手配する場合はこちらの資格を持つ警備会社へ依頼しましょう!

警備会社の70%はこちらの警備も行なっているので比較的見つけやすいでしょう。

交通誘導警備・雑踏警備を行なっていておすすめの会社がこちらになります!

株式会社FAIR

株式会社FAIRへ依頼する

こちらの記事では交通誘導警備会社の比較記事を掲載していますので読んでみてください!

【2021年最新版】交通誘導おすすめガードマン会社ベスト7選

第3号 貴重品運搬業務

こちらの業務では現金、有価証券、貴重品などを安全に輸送する業務です。

こちらの業務を行なっている警備会社は少ないので必然的に大手数社の中から選ぶことになるでしょう。

運搬内容はスーパーの売上金や高価な時計などを運搬するときなどがわかりやすいでしょうか?

大金を運ぶ仕事を従業員で行なっていると責任も重大で本業に集中することができないことも発生してしまいます。そんなときにプロに依頼するとよいでしょう。

貴重品運搬業務を行なっている警備会社

ALSOK

 

日本通運

第4号 身辺警護業務

こちらの業務は警護になります。

わかりやすく言うとボディーガードの仕事です。

ボディーガードもいろんなパターンで依頼があります。

ストーカーからの警護、子どもの護衛、会社役員のボディーガードなど多岐にわたります。身の危険から守るために護衛をお願いするときはこちらの業務を行なっている警備会社に依頼をしましょう!

3号の運搬警護業務と同じくこちらの業務をしている会社は少ないです。

身辺警護業務を行なっている警備会社はこちらになります。

株式会社ビーテックインターナショナル

株式会社フェニックス

 

まずは自分が依頼したい警備はどの種類に当てはまるのかチェックして、その業務を行っている会社をピックアップして依頼をしましょう!

 

対応可能エリアを確認

次に基準となるのが対応可能エリアです。

警備業界はセコムとアルソックが業界1位、2位で群を抜いて売り上げがあります。

この2社であれば全国に支店があるので対応可能なのですが2号警備の交通誘導には力を入れていないので地域に根付いた警備会社を選ぶ必要があります。

警備依頼を検討している会社の半分以上は交通誘導、イベント警備だと思いますので2号警備に限定して地域ごとに警備会社をご紹介いたします。

関東エリア

1.  株式会社FAIR

株式会社FAIRは交通誘導、イベント警備を行っている警備会社です。

若い隊員が多く在籍しているのが特徴です。

フットワークが軽く急な依頼やスポット案件にも迅速に対応しています。

顧客からの信頼が厚く関東圏内で交通誘導警備、イベント警備を依頼をするならばまずこちらの警備会社に依頼すれば間違いない。

株式会社FAIRへ依頼

 

2. グリーン警備保障株式会社

グリーン警備保障は施設警備と交通誘導警備を行なっている会社です。

人数が多くカバーしている地域が広いのが特徴です。

視点が東京、神奈川、千葉、埼玉にあるので関東全域で依頼をすることが可能です。

グリーン警備保障へ依頼する

 

関西エリア

1. 関西機動警備株式会社

こちらの会社は人数が少ないながらも安全第一を掲げて伸びている大阪の会社です。

新しい会社ですがまずはお問い合わせを!

関西機動警備へ依頼する

2. プラスワン株式会社

こちらの会社は30年以上警備業を行なっている兵庫県の老舗の会社です。

交通誘導以外にも工場や学校などの施設警備にも力を入れております。

プラスワン株式会社へ依頼する

 

東北エリア

1. TSS(東北セキュリティーサービスグループ)

こちらの会社は岩手県にある会社です。仙台にも支店があります。

従業員は140名ですので全ての東北エリアをカバーしているわけではないですが該当エリアの方はご依頼してみてはいかがでしょうか。

TSSへ依頼する

 

賠償責任保険金額の確認

警備をする際につきものなのが事故です。

どれだけ気をつけていても年間数回は事故に遭遇してしまうのが警備の仕事です。

警備依頼をした際に万が一事故が起きてしまった時、保険に入っていないと支払いができずにとんでもないことになってしまいます。

実は警備業を始める際に保険に加入することは義務ではないのです。

依頼する会社が保険に入っているか念のため確認しましょう!

金額は対人対物で最低1億は保障している会社が良いでしょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は警備会社に依頼するときに気をつけるべき3つポイントをご説明しました。

1.「自分が依頼したい種類の警備業務を行なっている会社を選ぶ」

2.「依頼したい警備箇所に対応している会社か確認する」

3.「保険に入っているか確認して可能であれば賠償金額も聞いておく」

かなり基本的なことをご説明しましたが大事なことですのでしっかりと確認をしましょう!

この記事があなたの警備会社選びのお役に立ちましたら幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. イベント警備会社おすすめ5選 in 関東【2021年最新版】

  2. 【2021年最新・徹底比較】警備会社おすすめランキング

  3. 【2021年最新版】交通誘導おすすめガードマン会社ベスト7選

  4. 横浜の警備会社ランキング7【2021年最新版・徹底比較】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。